節電疲れ

世の中、右を向いても節電、左を向いても節電・・・・大事なことだけれど、暑くなってくると実行にはかなりの努力が必要と痛感。猛暑となったこの時期、窓を開け、タオルを首に巻き、扇風機だけを頼りに頑張ってみたけど、暑い。

7月、8月はどのように過ごしたら良いか、雑誌やテレビなどでは、色々な対策が紹介されていますが、なかなか自分に最適な方法が見つかりません。

風鈴を吊るし、浴衣を着て、打ち水などをして涼を演出する。すだれをかける。冷やしそうめんに氷とさくらんぼを浮かせて、食後はスイカにかぶりつく。おやつはカキ氷を食べて、夜は、枝豆にビール。暑い暑いと文句を言う代わりに、あと2~3ヶ月はこうやって、考えられる限りの夏アイテムを楽しんでみる。「やったー、今日も、30度超えだ!!」と負けそうな気持ちにあえて喝を入れる。

昔、小学校の時、先生が「暑いと言った人は、教室から出ること!」と決めたにもかかわらず、最初に「暑い」と言っちゃったのが先生本人で、その後の授業は、先生が廊下に出て行い、教室の中の子ども達が大いに盛り上がったことがありました。こんな風に、何かルールを決めて、暑さを楽しむ気持ちを忘れずに?!でも、健康には充分気をつけて、夏を乗り切りましょう!

カテゴリー: I, スタッフ   パーマリンク

節電疲れ への1件のコメント

  1. temackee より:

    たまたまなのでしょうか…?コメント欄がついていたので
    書かせて頂いてしまいます。

    節電、やはり楽しくないと続かないですよね。
    我が家では今年、グリーンカーテン用にゴーヤを育て始めました。
    植物を育てるのは毎日新しい発見があって、本当に楽しみながらやれています。
    まだまだ成長途中ですが、これで本当に部屋の温度が下がってくれて
    さらに実をつけてくれたら、まさに良いことずくめです。

    今年の経験をきっかけに、日本の人々が
    シンプルな暮らしの良さに気づいてくれて、節電が特別なことではなく
    当たり前のことになったら素敵ですね。

temackee にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA